お知らせ

家計と住まい

スポンサーリンク
シニアの日常

待機児童の孫とのひと時

 日々皆さん、どうお過ごしですか?私は現在初孫との触れ合いを楽しんでいます。子育ての大変さと楽しさが実感でき感無量です。今回は、孫との触れ合いについてお話しします。孫は現在9か月目です。 デパ地下の楽しさ初めて実感  ...
シニアライフ

節約術 携帯電話代のびっくり削減

 今回は、節約の中でも高齢者にとって分かりにくい携帯電話代の節約についてお話しします。実際に私の経験した事ですので参考になれば嬉しいです。では最後までご覧ください。今回の写真は、私が借りている共同家庭菜園での写真になりますので併せてご覧く...
家計と住まい

毎月の生活費の割り振り(生活費割合)

 2020年も2月の中旬になりました。私は、2月18日に65歳を迎え、本格的に年金生活に入ります。年年金生活者は、無駄使いを極力控えて、年金だけで生活できる様にしたいものです。私は2022年は、決意新たに目標18万円の実現を目指します。今...
住まい

「持ち家と賃貸」についての考え方

「住まい」は家計のおける大きな出費の1つです。 「住まい」に対する考え方で家計のありようが変わります。 「住まい」は生活の中で多くの時間を過ごす場所です。決しておろそかにできません。住まいにより、楽しい時間を過ごし、快...
シニアライフ

60代の投資

 老後2000万円問題など老後に対する不安は、絶えません。そこで、今回は何もせず定期貯金だけしていても物価が年々上昇するにつれて、実質貯金が目減りしてしますのを指をくわえて待つのでなく、投資を考えてみてはどうかというお話をします。 ...
家計と住まい

「60代の貯蓄額」いくらあれば老後は大丈夫?

 今後は、70歳まで働ける環境が整いつつありますが、そこまで働かなくては、老後がのんびり暮らせないのか?その仕事を生きがいとしている人ならば、大丈夫かもしれないが、なかなか通常では、考えたくないでしょう。しかし、65歳までは何とか働きたい...
シニアライフ

家計における車についての考え方(維持費は?)

 家計簿をつけていると車の支出の多さにびっくりしますよね。そこで、今回は私の車についての考え方についてお話します。 家計簿をつけていると車必要なければ、どんなにいいかと思います。年間の維持費・毎月のガソリン代びっくりするほどお金がかかりま...
家計と住まい

高額療養費の詳細について(健康保険)

今回は、健康保険(全国健康保険協会・健康保険組合・共済組合・船員保険)の高額療養費の内容の説明をさせて頂きます。国民健康保険についても、同様の制度があります。次の機会に話したいと思います。 高額療養費 ①病気で自己負担が高額に...
家計と住まい

健康保険給付の内容(負担額)

現物給付と現金給付 ①現物給付:病気やけがをした場合の医療そのものの給付。窓口負担分以外のお金を窓口で支払わなく てもよい事。②現金給付:治療にかかった費用への給付。③被保険者本人給付と家族給付がある。 療養の給付内容(保険証...
家計と住まい

 医療保険制度による安心確認

医療保険制度のあらまし ①日本の医療保険は、「国民皆保険」の体制が整っています。②健康保険と国民健康保険があります。③健康保険は、サラリーマンを対象としている会社の保険です。 健康保険は、全国健康保険協会と健康保険組合があります。④...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました